愛知で高校卒業資格をとるには。

愛知の高校の数は、220校で公立163校、私立55校である。定時制は33校、愛知の通信制高校は5校である。専門学校の数は、総数165校で公立15校、私立150校である。高校退学者率は2.1%である。通信制高校も含め高校卒業後の進路は大学が58%、専門学校12%、就職が17%である。高校中退率は全国平均ではあるが、中部圏内では高い数値である。しかし、大学進学率は、全国6位の数値であるが、専門学校進学率は、全国最低数値である。このことは、愛知県内に大学が多く存在し、実家から通える事が家計に影響が少ない為と考えられる。
 

愛知で高校卒業資格を取る上での土地の状況

中部地方を代表する県で、人口は743万人で面積は5165平方㎞で、財政的にも全国上位を占めている。中部圏の圏都に近い役割がなされている。また県都の名古屋市の人口は全国で3位の227万人で政令指定都市になっている。

 歴史的観点からは、徳川家康が幼少時代育った地で、そのころからは商業地として栄えた経緯がある。その事が原因か分からないが、派手好きで結婚式などのイベントには、他の地方では考えられないくらいお金を掛けている。

愛知県の産業としては、世界を代表する自動車メーカーの本社があり、そのグループや関連会社などが多数あり、一大産業と化している。2005年の製造品出荷額は39兆円で、日本最大の工業地帯である。物流面に関しても、自動車メーカーの製造品を出荷することが多く、高速道路などの幹線道路が充実している。関東や関西の他にも全国に配送している為、物流業者も多々ある。自動車関連の輸出入の場所としても名古屋港が活用され、取扱高と貿易高が全国一位になっている。

観光面では、中部国際空港を起点に海外からの観光客誘致や新幹線や高速道路の充実で国内からの、観光客も誘致できる。観光面では、名古屋市や犬山市などに国宝やそれに近い城が残っていて観光地になっている。外国人観光客も多く、アジアやヨーロッパなどの定期航路がある。

高卒認定の勉強のポイント